33967239_1914259708624148_4755001603851812864_n

香りの専門家 青木 恵
1966年東京都出身。成城短期大学教養科卒。商社に勤務する傍らハーブと花を学び、 1998年に独立起業。花と香りのスクール「サロンドフルールイコア」を開業。以降、環境を意識したハーバルナチュラリスト、 そしてパフュームクチュリエールとして上質な天然植物由来原料を使用した商品開発、スクール、協会運営に携わる。 「植物の恵みで、優しい気持ちに。をテーマに、大量生産ではなく上質な天然植物原料を使って丁寧にサービスを行なう。 

・Salon de fleur ikoa 代表
・株式会社イコア 代表取締役
・日本アロマ香水マイスター協会 代表
・花と植物癒し協会 代表

メッセージ

香りとの出会い 私と香りの関係は幼少時にまでさかのぼります。当時、私の両親の関係は良好なものとはいえず、父の怒鳴る声、それに逆らえない母の様子をちょくちょく見聞きすることに、強いストレスを感じていました。そんな中、庭に咲いていた花、特に生垣に咲いていた柔らかいピンク色のバラは私の心の友でした。香りをかぐと不思議に気持ちが安らぐことを体感し、興味を持ち出したのはそのころからです。

肌の悩み 13歳くらいになるとニキビがぽつぽつとできるようになりました。肌がぽちっと赤く腫れあがっている様は、気になって気になって仕方がないから、触る、そうすると化膿するという悪循環。鏡を見るのも嫌になるほどでした。親からもらったわずかなお小遣いでニキビ用の化粧品を国産、外国産問わず使用し、また、自宅のキッチンにあったレモンやキュウリ、小麦粉などケアしたにも関わらず、結局ニキビは治らずじまい。当時私の肌に合うスキンケア商品はなかったのです。

独自研究 20歳の時には、体質改善のための野草療法も独学で学び、和製ハーブの研究も始めました。スキンケアは、国産の緑茶を使った化粧品を使い始めましたが、これは肌が緑茶色に染まること、道具を熱湯で一週間に一回洗わねばならないことなど、使い勝手はがいいとは言えませんでした。28歳でアロマセラピーを知り、香りを楽しむだけではなく、自分でコスメも作ることができると知った時は感動しました。すぐにアロマセラピースクールで植物や自然の持つすばらしさを学び始めました。また、アロマ香水やハーブティの独自研究にも取り組み始めました。

香りをキーワードにさまざまな事業を 31歳で起業してから、香りをフックに香りの花、天然香料香水、ハーブティ、アロマコスメなどによる「上質な暮らし」を提案し続ける一方、ニューヨークやロンドンでリサーチ、マーケティングをしながら独自の視点を養い、今日にいたります。

植物の恵みで、優しい気持ちに 今年で創業24年目に入ります。これまで、スクール、協会事業、法人向けコンサル、OEM、アロマ記事の監修など多岐にわたるお仕事をさせていただきました。 これからの10年間はさらに知見を活かし、皆様のお役に立てればと考えております。

経歴

1966年 国際婦人デーである3月8日生まれ。東京都豊島区南長崎出身。
1984年 花好きの母の影響により、小原流華道を始める。
1986年 成城短期大学教養科英文コース卒業後、大手総合商社に勤務。
1994年 日本伝統の香、アロマセラピーを学び始める。
1998年 埼玉県新白岡にフラワーショップを併設した花と香りのサロンスクール、
     サロンドフルールイコアを創業。
2000年   ハーブとアロマの会員組織ハーバルアロマソサエティを設立。
2004年 株式会社イコアを設立。プリザーブドフラワーに天然の植物精油で香りを付けた
     プリザーブドアロマフラワーで特許を取得。(特許第3801019号)
2004年〜2014年までの10年間で1300名以上の認定コーディネーターを養成。
2006年 日本プリザーブドアロマフラワー協会を設立
2007年 日本アロマ香水マイスター協会を設立。
2015年~2019年 120社以上の企業にヒアリングを重ね、企業に特化したハーブとアロマを
    独自調査研究し、2019年1月より、日本初のハーブとアロマのコミュニティ
             「オフィス森林浴®」をリリース。
2018年 アルパイン株式会社、慶應義塾大学理工学部との共同研究「簡易型脳波計を用い
                  眠気評価による香りの選定」論文をアロマリサーチ誌に発表。
2020年 東急リバブル株式会社より依頼を受け、ヒノキチオールを使った手指清浄剤
      Hinokichi C&Mローション」をリリース。
      東京大学大学院薬学系研究家池谷裕二研究室との共同研究、
      ハーブティの開発研究の結果、
      「Polyherbal Formulation Enhancing Cerebral Slow Waves in Sleeping Rats」が、
        論文化され、J-STAGEに発表。
    ハーバルアロマソサエティと日本プリザーブドアロマフラワー協会を統合。
    個人向けアロマコスメOEMをスタート。

主な実績企業

東京海上日動火災保険株式会社、東急リバブル株式会社、株式会社アトリウム、株式会社山元、株式会社パーク24、アルパイン株式会社、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、イオン株式会社、NTTdocomo、株式会社サンケイリビング新聞社、東京都都市整備局、セントラルスポーツ株式会社、スポーツクラブNAS株式会社、ドンピエール銀座本店、松岡美術館、興国インテック株式会社、株式会社スヴェンソン、株式会社アルビオン、その他

監修

「三井ホーム・アイ」「山田養蜂場(Bee Beauty Club)」「Yahoo!プリザーブドフラワー検定」テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと  くりぃむしちゅーのハナタカ!優越感」テレビ朝日土曜ワイド劇場「100の資格を持つ女④」

著書

心と体 キレイの法則
アロマ香水手作りバイブル
1日15分 ナチュラルおそうじBOOK
香りのプリザーブドフラワー で楽しむ12か月
香りのあるプリザーブドフラワー

受賞歴

  • 2009年 財団法人日本ユニセフ協会より感謝状を授与される。
  • 2008年 「コロンビア・日本修好100年記念」にて日本のトップフラワーアーティストに選出される。
  • 2005年 コロンビア大使館より感謝状を授与される。

メディア出演歴

TV・ラジオ

「はなまるマーケット」「ガキの使いやあらへんで」「くりぃむしちゅーのハナタカ!」「イブニングファイブ」「スッキリ!」「ズームイン!!SUPER」フジテレビ「スタ☆メン」「関根麻里のハリウッド・カウント・ダウン」「Dlife +(プラス)」「Kiss FM KOBE」

Web

カネボウ「美ビッドスマイル」「Our Age」「Mart Web」

雑誌掲載

「花時間」「natural LIVING BOOK」「フローリスト」「ベストフラワーアレンジメント」 「25ans」 「日経WOMAN」 「日経Health」「日経interesse」「JAD」「MORE」「Hanako」「SAY」 「日刊ゲンダイ」「ビダン」「宝島」「花卉園芸新聞」「SPA!」「美ST」「ミセス」「リンネル」「保険毎日新聞」

「月刊総務」「女性自身」

運営協会

日本アロマ香水マイスター協会

「パフュームクチュリエールが創り出す大人の気品と雅な香り」香りがもたらす幸福感をアロマ香水で表現し、普及させることを目的に2007年に設立されました。


花と植物癒し協会

会員フルールクチュリエールやハーバルナチュラリストによる軽やかでより豊かに暮らす上質なライフスタイルの提案、啓蒙を行っている団体。幸福感のある社会の発展に寄与することを目的としています。