fbpx

香りと脳波の実験結果

2017年に電通サイエンスジャム・慶應義塾大学・アルパイン株式会社とイコアが共同で研究・実験を行った、自動車の車内に香り(アロマ)を噴霧して、1分ごとに集中度・ストレス度・眠気度の数値の変化を感性アナライザー(脳波から集中・ストレス・眠気等の感性指標を推定する技術)で測定したもの。

平均値として、集中度・ストレス度は噴霧開始後1分で上昇が見られた。眠気度は噴霧開始後2分で低下が見られた。

測定した感性指数による数値から、

  • 集中の向上効果のあるアロマは疲労の上昇を抑制する効果が見られた。
  • ストレス軽減効果のあるアロマは、リラックスさせる効果だけでなく、疲労軽減にも効果があることがわかった。
  • 開始直後の眠気度の下がり幅は3つの測定の中で最も大きく、アロマによって覚醒作用がもたらされることがわかった。

出典:荻野 幹人,平林 雄太,満倉 靖恵, 中辻 晴彦,齊藤 裕晃,大西 佳成,青木 恵「脳波を用いた次世代自動車車室環境の構築」