アクセス | プレスリリース | メディア掲載

パフォーマンスアップできる香り。バスタイムに3秒で。

Column

日々、時間があっという間に過ぎてしまう。あれ、もう一週間経っちゃった。もっと時間があればもっといろんなことができるのにと思っている方に。短時間睡眠でもしっかり深く眠ることができれば、日中のアクティブ時間のパフォーマンスアップに有効です。魔法使いではないから物理的な時間は増やせないけど、パフォーマンスを上げられる身体になる。これなら今日から実行できますよ。お手元にラベンダー、もしくは花の香りの精油、一本があれば。

睡眠は「人生を楽しむための最上の滋養」

私たちはなぜ睡眠を必要とするのでしょうか?脳は、多くの細胞が複雑な回路を形成し生命維持活動をしています。睡眠には脳を休ませるという重要な役割があります。記憶をデフラグしている状態といったらいいでしょうか。いるものといらないものを整理して、次の日に備えています。

ぐっすり眠った翌朝はすっきりと気分がいい。また、身体も軽いという素敵な副産物があります。睡眠は、私たちの生活に欠かすことができない大切なパートナー。シェークスピアは睡眠を“人生を楽しむための最上の滋養”といいました。

睡眠が不足すると、生命にとって大切ないわゆる「免疫力」「自然治癒力」などに悪影響があり、成長ホルモンの分泌にも悪影響があり乳幼児・幼児・青少年では身体の成長にも悪影響があり(身長が伸びにくくなる)。睡眠不足では胃や腸の調子が悪くなる人も多い。顔がむくみ、血色が悪くなり、人によっては土気色(つちけいろ)つまり死人のような顔色になり、皮膚の状態は目に見えて悪くなる。また睡眠不足は肥満を招きがちである。精神的には気分に悪影響があり鬱(あるいは躁状態や鬱状態の不安定な変化)になりがちで不機嫌で人間関係が悪くなり、また脳の知的面での基本機能である記憶力、集中力などに悪影響があり、結果として学生では学業(勉強)の効果に、成人では仕事の質に深刻な悪影響を及ぼす。睡眠不足だと仕事のミスが増え、肉体労働などをしている人では深刻な負傷を負ったり死亡事故に遭う確率(労働災害発生率)が増してしまうことが各種労働統計によっても明らかにされている。(ウイキペディアより引用)

アロマバスタイムの提案

さて、ここで提案するのは、寝る1時間前のバスタイム。重曹、または塩に、ラベンダーやゼラニウム、マジョラムなどのフラワリ―系の香りを2~3滴ずつ混ぜ、湯船に入る直前にサッと混ぜる。混ぜる時間は3秒。特にラベンダーはおススメです。別名「眠りの精油」とも言われているくらい、多く含有されている「酢酸リナリル」に鎮静効果があるとされています。ゼラニウムは「シトロネロール」という緊張緩和の成分が入っており、マジョラムには「テルピネン4オール」という神経強壮作用。深呼吸をしながら、香りを身体に取り入れて、瞑想をする。こんな風に一日の気持ちの整理をしたら、身体はもう明日への準備段階に入ります。身体の温度がだんだん下がり始めたら、入眠のチャンス。そして深い眠りに入っていきます。

そうそう重曹は別名、炭酸水素ナトリウムという弱アルカリ性物質です。美人の湯として知られている温泉の成分には必ず含まれているほど美肌効果もあり、皮脂や角質を落とし、お肌を滑らかにします。さらにデオドラント効果や殺菌効果もあります。お風呂に入れるのであれば、食品グレードを使いたいもの。

歴史の中のベストパフォーマー

かのクレオパトラは、バラのお風呂に入り、寝室にバラの花びらを敷き詰め休んだそう。10か国以上の言語を操り、世界で最初の図書館となったアレクサンドリア図書館に入り浸って身に付けた知性は、その美貌もあいまって、歴史でも知られているように時の権力者を虜にしました。17世紀にイギリスを統治したエリザベス一世も、自身の衣類は全てラベンダー水で洗わせ、ラベンダーの香りのシーツで眠ったと言われています。彼女たちのパフォーマンスの力は、眠る力にあったのかもしれません。

それでは、おやすみなさい。そうそう、寝る2時間前は、スマホ、パソコン、テレビの電源は切ってくださいね。

植物の恵みで優しい気持ちに。

コメント